食事療法で腎臓病を打破する時代|病気に負けない

夫婦

腎臓に良いものを食べよう

食事

腎臓病になってしまうと食事に気をつけないとだめです。塩分やカリウム、そしてタンパク質は制限をかけないといけません。面倒な方は宅配食を利用して食事療法をしてみるといいでしょう。毎日メニューが変わるので飽きること無く楽しめます。

View Detail

適切な栄養を

シニア男性

濾過機能が向上

腎臓病では食事療法が必要になりますが、適切に管理された食事を続けると腎機能の数値が改善しますので、非常に有効です。行政や医療機関では、腎臓病の食事療法についての講習会やセミナーを実施しており、改善事例なども報告されています。まだ腎臓病を発症していない腎臓病予備軍の方にもこの食事療法は効果的で、腎臓に負担をかけない食事を続けることで、腎臓病を発症することなく元気に過ごすことができるようになります。腎臓病の食事療法で、腎臓の濾過機能が向上し、血液中のクレアチニン濃度の上昇が抑えられた方もいます。クレアチニン濃度は腎臓機能の目安で、腎臓の機能が低下するとクレアチンリン酸という老廃物が濾過できずに血液中に増えてしまうのです。

水分も大切

腎臓病では、水分補給も大切です。水分が不足すると、血液がドロドロになってしまいます。こまめに水分を摂取して、常に適量の水分量を体内に保持することが必要です。食材では、青魚やタマネギ、お酢や海草がおすすめです。青魚とタマネギは、血液をサラサラにする食品として有効で、毎日の摂取が理想です。お酢を使った調理は、塩分を減らすことができ、減塩の強いみかたになります。海草は、たんぱく質や脂質がほとんど含まれないので、毎日食べても腎臓の負担になりにくい食材です。ただ、青魚やタマネギ、お酢や海草を使った食事が苦手な方もいます。そんなときは、業者が販売する病気に対応したお弁当やレトルト食品などを利用するのもよい方法です。

効果が高い治療法

男の人

日本人に増えている腎臓病では、早期発見・早期治療が重要となり、有効な治療法として食事療法があります。食事療法は、食事の量や味覚的にもかなり厳しい制限がかかるので、主治医や管理栄養士の指導に加えて、必ず家族のサポートも受けながら取り組みましょう。

View Detail

いい食事でケアする

ご飯

腎臓病患者は食事する時に気をつける事があります。例えば塩分を控える、タンパク質を控えないとだめです。自分でするのが面倒なときは宅配食を利用した食事療法をするといいでしょう。これは管理栄養士が献立を作っているの人気です。

View Detail